BASIC CLOTHING
INTERPRETING COMPONENTS

独自の解釈で消化したベーシックな服作り

モーターサイクルやその周辺のカウンターカルチャーに傾倒していた滝沢伸介が1994年に東京原宿にてブランドをスタートさせる。
「モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、ネイティブ等の要素を独自の解釈で消化したベーシックな服作り、またそのライフスタイルの提案」。
こういったコンセプトは、それぞれのシーズンテーマのなかに常に息づき、NEIGHBORHOODが関わるプロダクトやプロジェクト全てのベースになっている。
毎シーズンアップデイトされるダメージ加工が施されているデニム類、モーターサイクルの匂いを多分に感じさせるレザージャケット、アイウェアやインテリア、バイクグッズなど豊富なバリエーションを誇る小物類。これらはNEIGHBORHOODを象徴するアイテムとなっている。
また、NEIGHBORHOODのアイテムを3分の1にするというコンセプトによるキッズライン“NEIGHBORHOOD ONE THIRD”も同時に展開し、ライフスタイルを幅広くサポート。

Shinsuke Takizawa, who was inclined to motorcycles and counter culture around it, started the brand in Tokyo Harajuku in 1994. “Basic clothing making digesting elements such as motorcycle, military, outdoor, native etc. with its own interpretation, and its lifestyle proposal”. These concepts are always breathtaking in their season theme and are the basis of all the products and projects that NEIGHBORHOOD is concerned with. It is about making a rich story such as denim with damage processing updated every season, a leather jacket that makes the smell of motorcycle feel a lot, Aioia and interior, and a buffet. It is an item. In addition, we develop kids line “NEIGHBORHOOD ONE THIRD” by concept that we make item of NEIGHBORHOOD one third and support lifestyle widely widely at the same time.

Shinsuke Takizawa